【Markdown】記法まとめ

このエントリーをはてなブックマークに追加

今回はMarkdownについてまとめてみます。

Markdownとは

Markdown は、文書を記述するための軽量マークアップ言語のひとつである。(Wikipediaより引用)

つまり、テキストに構造をつける言語です。

ちなみにこのブログもMarkdownで記述されています。

これからブログを書いていく上でまとめておいた方が良さそうだったのでまとめてみます。

(要は自分のため)

記法

見出し

HTMLにおける<h1><h6>
#の数で区別します。

(例)

h1

# h1

h2

## h2

h3

### h3

h4

#### h4
h5
##### h5
h6
###### h6

改行

HTMLにおける<br>
行末に半角スペースを2個以上記述することで実現します。
ただ改行を入れるだけでは反映されないので注意!

段落

HTMLにおける<p>
空行を挟むことで段落分けします。
空行を挟まない改行は反映されないので注意!

(例)

さすがディオ! 俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!

そこにシビれる! あこがれるゥ!

さすがディオ!
俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!

そこにシビれる!
あこがれるゥ!

強調

HTMLにおける<em><strong>
<em>は * または _ で囲み、<strong>は ** または __ で囲みます。
ちなみに、<em>より<strong>の方が強い強調を表します。

(例)

ウボォーさん、聞こえますか?オレ達から貴方への鎮魂歌です

*ウボォーさん*、聞こえますか?オレ達から貴方への**鎮魂歌**です

コード

HTMLにおける<code>
先程から使っているこれ

これ

です。
インライン(1つ目)の場合は `(グレイヴアクセント) で囲みます。
段落(2つ目)の場合は行頭にTabを挿入、または `(グレイヴアクセント)3つで行を囲みます。

(例)

1
2
3
4
5
6
7
`インライン`

  Tab

 ```
 グレイヴアクセント囲み
 ```

順序無しリスト

HTMLにおける<ul><li>
行頭に (* + – のうちのどれか1つ) + 半角スペースを挿入することで実現します。
また、さらに行頭に半角スペース4つを入れることでサブアイテムを作ることもできます。

(例)

  • 強化系
    • ゴン
  • 変化形
    • キルア
  • 具現化形
    • クラピカ
  • 操作系
  • 放出系
    • レオリオ
  • 特質形
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
* 強化系
    + ゴン
+ 変化形
    - キルア
+ 具現化形
    * クラピカ
+ 操作系
* 放出系
    + レオリオ
- 特質形

順序付きリスト

HTMLにおける<ol><li>
行頭に数字 + ピリオドを挿入することで実現します。

(例)

  1. ファントムブラッド
  2. 戦闘潮流
  3. スターダストクルセイダーズ
1
2
3
1. ファントムブラッド
2. 戦闘潮流
3. スターダストクルセイダーズ

引用

HTMLにおける<blockquote><q><cite>
行頭に > + 半角スペースを挿入することで実現します。

(例)

恐ろしく速い手刀 オレでなきゃ見逃しちゃうね
(by 団長の手刀を見逃さなかった人 – HUNTER×HUNTER11巻より抜粋)

1
2
> 恐ろしく速い手刀 オレでなきゃ見逃しちゃうね  
> (by 団長の手刀を見逃さなかった人 - HUNTER×HUNTER11巻より抜粋)

水平線

HTMLにおける<hr>
1行の中に – (ハイフン)、 * (アスタリスク)、 _ (アンダースコア)のうちどれか1種を3個以上並べることで実現します。 間に半角スペースを挟んでもOKです。

(例)


1
2
3
---
****
_ _ _ _ _

テーブル

HTMLにおける<table>

(例)

左寄せ 中央寄せ 右寄せ
左に 中央に 右に
受け流すスタイル 居座るスタイル 寄せていくスタイル
on on on
the the the
left center right
1
2
3
4
5
6
7
左寄せ | 中央寄せ | 右寄せ
:-----|:----:|-----:
左に | 中央に | 右に
受け流すスタイル | 居座るスタイル | 寄せていくスタイル
on | on | on
the | the | the
left | center | right

リンク

HTMLにおける<a>
[リンクのテキスト](URL "タイトル") の形式で実現します。

(例)

ゆうすけのホームページ

[ゆうすけのホームページ](http://www.geocities.jp/yuusuke4971/ "かの有名なサイト")

また、リンクの情報を一カ所にまとめておいて、
実際にリンクを貼る場所でその情報を持ってくることもできます。

(例)

Google
Yahoo!

1
2
3
4
5
[Google][0]  
[Yahoo!][1]

[0]: http://www.google.co.jp "ごおgれ"
[1]: http://www.yahoo.co.jp "やほお"

画像

HTMLにおける<img>
![画像の説明文](画像URL) の形式で実現します。

(例)

そんな好きじゃない

![そんな好きじゃない](http://vatscy.github.io/images/post/YMD68_TKG500.jpg)

その他

  • 半角バックスラッシュまたは半角¥をMarkdownの直前に挿入することでエスケープ可能。
  • HTMLタグを直接記述することも可能。複雑な処理はHTMLタグで書こう。
  • GitHubではGitHub Flavored MarkdownというアレンジされたMarkdownが使われているので、専用の文法が存在する。

Comments